トップページ >> イベント情報 >> 交流イベント≫ワンコインコンサートin尾鷲

ワンコインコンサートin尾鷲 世界が注目するハープの申し子 景山梨乃


 

 ワンコインコンサートとは、現在、三重県総合文化会館で実施しているカジュアルコンサートで、聴きなじみのある曲やアーティストのオススメ曲など「短めの名曲」を楽しいトークを交えながら提供することで大変好評を得ています。

 当センターにおいても、ランチタイム前のひと時を気軽に楽しんでいただけるような同コンサートを昨年度から開催しています。第2回目の今回は、最難関ミュンヘンARD国際音楽コンクール(ハープ部門)で第三位に入賞した景山梨乃氏を迎え、神秘的なハープの音色をお楽しみいただきます。



開催日時:平成30年2月1日(木) 午前11時30分〜午後0時30分
場  所:交流棟大ホール
入 場 料:500円

定  員:200席/全席自由(要チケット・先着順)

チケット:熊野古道センターにて 12月8日(金)〜 ※無くなり次第終了

出  演:景山梨乃氏(ハープ奏者)

主  催:三重県立熊野古道センター

企画制作:三重県文化会館

 

【予定曲目】

『ハープ協奏曲変ロ長調HWV294より第1楽章』ヘンデル

『いたずら小鬼の踊り』ルニエ

『アラベスク第1番』ドビュッシー

 ほか

※都合により、曲目は変更となる場合がございます。

※未就学児の入場はお断りいたします。

※駐車場が大変混雑しますので、なるべくお乗り合わせでご来場ください。

 

景山 梨乃 プロフィール

 

1990年生まれ。8歳よりハープを始める。2016年最難関で知られる第65回ミュンヘンARD国際音楽コンクール・ハープ部門で第3位入賞。他に日本ハープコンクール第1位、リリーラスキーヌ国際ハープコンクール2位(1位なし)など数々の受賞歴を持つ。これまでに新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団とコンチェルトを協演。フルートのエマニュエル・パユ、チェロのルートヴィヒ・クヴァント等と室内楽共演。東京藝術大学在籍中に福島賞、平山郁夫文化芸術賞を受賞。2011年、パリ・エコールノルマル音楽院最高ディプロムを審査員満場一致と特別評価を受け取得。その後ベルリン芸術大学で学び、同時にベルリンフィル・カラヤンアカデミー修了。ベルリンフィルハーモニー管弦楽団、ハンブルク歌劇場などドイツ各地のオーケストラで客演。2013、2014年度(公財)ロームミュージックファンデーション奨学生。2014年東京交響楽団入団、2016年より主席奏者。これまで渡辺かや、篠崎史子、早川りさこ、松井久子、イザベル・ペラン、マリー=ピエール・ラングラメ各氏に師事。趣味は相撲観戦。  

 

☆1月24日、第28回新日鉄住金音楽賞《フレッシュアーティスト賞》を受賞されたそうです!

 おめでとうございます。


<景山梨乃氏>
 
 



  


 


ージのトップへ