トップページ >> イベント情報 >>企画展スケジュール>> 特別展示室企画展「大漁旗展〜『万助屋』これぞ伝統の職人技!」

特別展示室企画展「大漁旗展〜『万助屋』これぞ伝統の職人技!」

期   間: 平成30年4月28日(土)〜7月1日(日)※会期中無休

時   間: 午前10時〜午後5時     

場   所: 研究収蔵棟特別展示室

入 場 料: 無料

■詳細

 

 熊野灘に面し、古くから漁業が盛んな尾鷲には、かつて多くの大漁旗職人がいました。大漁旗は、仲間が新しい船を持つときの祝いとして漁師が贈りあうもので、漁師の結束の証でもありました。やがて、漁に出た男たちが港へ帰る際、家族や仲間に大漁を知らせるために、船に掲げるようになりました。
 尾鷲で明治26年創業の染物屋『万助屋』は、東紀州地域で唯一大漁旗を作り続けていましたが、ついに後継者がいないまま平成28年に暖簾を下しました。
 本展では、東紀州地域最後の大漁旗職人『万助屋』3代目、山本昇吾氏が製作した大漁旗の数々を、会場いっぱいに展示いたしました。
 職人の手によって、機械では決して出せない鮮やかな色彩で描かれた、力強く美しい大漁旗をお楽しみください。

≪付属事業≫ワークショップ「オリジナル大漁旗の壁飾り」
 古くなり使用しなくなった大漁旗をおしゃれな壁飾りにリメイクします。カラフルな大漁旗を掲げた漁船でにぎやかだったかつての尾鷲の港を思い出してもらおうと、数年前から天満荘で大漁旗展を主催している松井さんが考案した、大漁旗をイメージした壁飾りは、世界に一点だけのオリジナル作品です。

開催日:平成30年5月13日(日)
時 間:午前10時〜正午
料 金:300円(材料費込み)
定 員:24名(要申込・多数の場合抽選)
場 所:熊野古道センター和室
対 象:小学生以上(小学3年生以下は保護者同伴)
講 師:松井まつみ氏(NPO法人天満浦百人会会長)
受 付:平成30年4月13日(金)〜5月6日(日)午後5時まで

←クリックで拡大  







ージのトップへ