トップページ >> イベント情報 >>新しい古道の歩き方「 熊野古道横垣峠道と風伝峠道を歩く 」

新しい古道の歩き方「 熊野古道横垣峠道と風伝峠道を歩く 」

開 催 日 : 平成30年6月2日(土) ※雨天の場合は6月3日(日)に延期

時   間 : 午前8時30分〜午後4時 (受付:午前8時〜)

参 加 費 : 500円(保険料・資料代を含む)

定   員 : 40名(要申込、応募多数の場合抽選)
対   象 : 健脚者(歩行距離約10q)
案 内 人 : 清水鎮一氏(熊野古道語り部友の会幹事)、宇城公子氏(熊野古道語り部友の会副会長)
募集期限 : 平成30年 5月2日(木)〜5月26日(土)午後5時まで
場  所 :道の駅パーク七里御浜
持 ち 物 : 歩きやすい服装と靴、雨具、飲料、その他各自必要なもの
主  催 : 熊野古道センター、御浜町
協  力 : 東紀州地域振興公社

■詳細

 

 熊野古道伊勢路は、熊野市有馬で海岸沿いに新宮を目指す浜街道と、本宮を目指す本宮道に分かれます。本宮道は熊野の海辺と山村を結ぶ重要な生活道で、御浜町神木と阪本を結ぶ横垣峠道、熊野市境の風伝峠は吉野へ向かう北山道との分岐点にあたります、山と海の物資や人々が交わる要衝でした。
今回のツアーは、伝説を秘める水壺地蔵や神木流紋岩の石畳が一部残る横垣峠道を越え、紀州犬のふるさとと言われる阪本地区、風伝の朝霧と美しい棚田が残る尾呂志地区を通り、「風のよく通るところ」が由来となった風伝峠まで、御浜町内の二つの峠道を歩きます。平成23年9月の大規模災害以降、通行止めとなっていた横垣峠道は、一部の修復を残すのみとなり、今回は暫定的に標高305mの横垣峠を歩きます。田植えを終えたばかりの里山を巡り、新緑の山々を眺めながら2つの本宮道を満喫します。

<スケジュール>
  8:00 受付(道の駅パーク七里御浜 駐車場)
  8:30 講師紹介、神木公民館へ移動(バス利用)
  9:00  神木公民館到着
  9:15 出発
      横垣峠入り口→横垣峠→折山神社→さぎりの里
 12:00 昼食
 13:00 風伝峠入り口→風伝峠→風伝峠登り口(紀和町)
 15:30 道の駅パーク七里御浜へ移動(バス利用)
 16:00 到着・解散

※参加者には後日詳細を郵送いたします。

 

横垣峠

 

 弥九郎の像



ージのトップへ