トップページ >> イベント情報 >>交流イベント>> 世界遺産登録15周年記念 熊野古道音楽祭

ージのトップへ                           


世界遺産登録15周年記念「熊野古道音楽祭〜京都フィルハーモニー室内合奏団 弦楽四重奏〜」

開催日: 令和2年2月8日(土)

時 間: 午後1時30分〜3時00分 (開場:午後1時)

場 所: 交流棟大ホール

入場料:1,500円

定 員: 200席/全席自由(要チケット・先着順)
受 付: チケットは熊野古道センターにて 12月21日(土)〜販売開始 ※無くなり次第終了
出 演: 京都フィルハーモニー室内合奏団 弦楽四重奏

■詳細

 熊野古道の世界遺産登録15周年を記念したコンサートを開催します。

 定期公演、特別公演、室内楽コンサート、子供のためのクラシック入門コンサートなど多数の演奏会を主催すると同時に、全国の演奏会やテレビ・ラジオに出演し活躍する京都フィルハーモニー室内合奏団を迎え、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロから成る弦楽四重奏で世界遺産登録15周年を盛り上げていただきます。

 モーツァルト作曲「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」や、エルガー作曲「威風堂々」など、クラシックの名曲をお楽しみください。

 

【予定曲目】

アイネ・クライネ・ナハトムジーク / モーツァルト

威風堂々 / エルガー

四季より春 / ヴィヴァルディ   他

 

※未就学児のお子様の入場はご遠慮ください。

※駐車場が大変混雑しますので、なるべくお乗り合わせでご来場ください。

 

≪京都フィルハーモニー室内合奏団プロフィール≫

1972年に結成。本年創立47年目を迎える。

定期公演、特別公演、室内楽コンサート、子供のためのクラシック入門コンサート等を主催すると同時に、各地ホール・教育委員会・鑑賞団体・テレビ・ラジオ・芸術祭等に多数出演。「クオリティは高く、ステージは楽しく」というポリシーを持ち、クラシック音楽の他に様々なジャンルの音楽もセンスある編曲を施して演奏し、多くの聴衆を魅了している。

また創立以来、活動の柱としている学校音楽観賞会では延べ3000校、190万人以上の子どもたちに楽しい音楽を届け続けている。