トップページ >> イベント情報 >>講演会>> 世界遺産登録15周年記念講演会「紀伊半島遺産〜地域に眠る宝から紀伊山地の豊さを知る」

世界遺産登録15周年記念講演会「紀伊半島遺産〜地域に眠る宝から紀伊山地の豊さを知る」 こちらのイベントは中止となりました。

開催日 : 令和2年3月8日(日)

時  間:午後1時30分〜午後3時30分(開場:午後1時)

入場料 : 無料         

定  員: 80名(要申込・先着順)

講  師 : 小M 学氏(三重県教育委員会事務局社会教育・文化財保護課記念物・民俗文化財班班長)、
       蘇理剛志氏(和歌山県立紀伊風土記の丘主査学芸員)、
       松田 度氏(奈良県大淀町教育委員会事務局文化振興課・主任技師)
コーディネーター:秦まゆな氏(日本文化案内人・文筆家)

場  所 : 映像ホール

■詳細
  三重、和歌山、奈良の三県にまたがる広大な世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』は、令和元年度、登録15周年を迎えました。この登録資産は「吉野・大峯」、「熊野三山」、「高野山」の三霊場及び、それらを結ぶ「参詣道」から構成され、国宝4件、重要文化財23件の建造物、史跡7件、史跡・名勝1件、名勝1件、名勝・天然記念物1件、天然記念物4件の全部で41件の多種多様な文化財が含まれています。
 構成資産面積506.4?、緩衝地帯面積12,100?に及ぶ紀伊山地とその周辺には、これらの指定文化財の他にも祖先たちが遺した多くの文化財が伝わっています。それらは、地域の歴史や文化を正しく理解するために欠くことのできないものとして、次世代に引き継がなければならない宝物です。
 今回は三重、和歌山、奈良の三県それぞれの地域に眠る宝を『紀伊半島遺産』と呼び、生物・民俗・考古学の分野における各県の取り組みについて理解を深めていただくためのシンポジウムを開催します。世界遺産登録15周年の節目に、紀伊山地の豊かさを再確認していただく機会となれば幸いです。

≪スケジュール予定≫
 13:00 開場
 13:30 主催者挨拶
 13:35 講演「参詣道沿いの考古遺跡」講師:小M 学氏
 13:55 講演「紀伊半島の祭礼行事と食文化」講師:蘇理剛志氏
 14:15 講演「紀伊半島の自然と人−ニホンオオカミがいたころ−」講師:松田 度氏
 14:35 休憩―10分―
 14:45 パネルディスカッション「次世代に遺したい紀伊山地の豊かさについて」
      コーディネーター:秦まゆな氏
      パネリスト:小M 学氏、蘇理剛志氏、松田 度氏
 15:30 終了


チラシ表面(PDF 3.71MB)
チラシ裏面(PDF 1.69MB)

 
 

≪講師プロフィール≫
■三重県
小M学氏(三重県教育委員会事務局社会教育・文化財保護課記念物・民俗文化財班班長)
三重大学教育学部卒。三重県埋蔵文化財センター、斎宮歴史博物館、社会教育・文化財保護課において、考古遺跡の発掘調査、研究、保護に従事。専門は縄文時代の土器論、遺構論および文化遺産の保護論。主な論文に「煙道付炉穴及び炉穴に関する一考察」(『関西縄文時代の集落・墓地と生業』六一書房)「縄文時代における伊勢湾西岸域の石器組成からみた社会構造」(『関西縄文時代における石器・集落の諸様相』関西縄文文化研究会編)、「縄文時代前期の土器編年」(『斎宮歴史博物館研究紀要』(15)、)「講演録文化財≠観光資源 : 本当の歴史、文化財活用ってなんだろう(世界遺産、海女等を例に)」(『ふびと』(66)三重大学歴史研究会 編)ほか、多数。

■和歌山県
蘇理剛志氏(和歌山県立紀伊風土記の丘主査学芸員(民俗学))
兵庫県神戸市出身。佛教大学大学院修士課程、総合研究大学院大学博士課程を経て、平成19年から和歌山県教育委員会文化遺産課に文化財専門員として勤務。おもに民俗文化財の保護行政を担当。平成22年から「熊野三山民俗文化財調査事業」、平成24年から「高野山周辺地域民俗文化財調査事業」を担当し、熊野・高野をはじめとした紀伊半島の和歌山県地域の祭礼行事の調査研究を進めている。現在、和歌山県立紀伊風土記の丘主査学芸員。

■奈良県
松田度氏(大淀町教育委員会事務局文化振興課・主任技師(文化財担当))
1974年、大阪市生。同志社大学大学院修了後、同大学歴史資料館研究員を経て、2005年より奈良県大淀町教育委員会に勤務。現在同文化振興課・主任技師。二児の父で、趣味は家庭菜園とウォーキング。奈良女子大学大和・紀伊半島学研究所(奈良学研究センター)協力研究員。

☆コーディネーター
秦まゆな氏(日本文化案内人・ 文筆家)
千葉県市川市生まれ。学習院大学文学部史学科卒。『古事記』『日本書紀』をもとに全国の神社をめぐり、日々取材を進めている。「母国・日本の歴史を正しく知り、我が子に伝えられる親をつくる」ために執筆・セミナーなどで活動中。著書に『日本の神話と神様手帖 あなたにつながる八百萬の神々』(マイナビ)、『美しい古墳』(白洲信哉共著・ワニブックスPLUS 新書)など。

ージのトップへ