トップページ >> イベント情報 >>企画展スケジュール>>企画展 シリーズ熊野古道 「熊野古道小辺路〜二つの聖地を結ぶ道〜」

企画展 シリーズ熊野古道
      「熊野古道小辺路〜二つの聖地を結ぶ道〜」

期  間:平成30年4月21日(土)〜6月17日 (日)※期間中無休

時  間: 午前10時〜午後5時     

場  所: 企画展示室

入 場 料: 無料

■詳細
空海が開山した真言密教の聖地「高野山」と熊野三山のひとつ「熊野本宮大社」を最短距離で結ぶ経路を熊野参詣道(熊野古道)小辺路と呼び、紀伊半島のほぼ中央を南北に通っています。約70qの行程の間には、標高1,000mを超える峠が4つあり、山岳路としての要素が強く、熊野参詣道の中でも最も険しい道であるといわれます。小辺路の起源は、もともと紀伊山地山中の地域住民の生活道として拓かれたもので、やがて高野山や熊野三山へ参るための参詣道として利用されたことにあると考えられています。
小辺路の初見は、近世初頭の笑話集『醒酔笑』巻一で、その後、伊予国の武将土井清良が高野山から小辺路を通過し、伊勢に参詣した際の『清良記』、大阪の商人が綴った『熊野めぐり』や伊丹の酒造家の紀行文『三熊野参詣道中記』などに登場します。
本展では、生活道としてあるいは参詣道として様々な役割を果たした熊野古道小辺路について、近世から現代までどのような人が通行し、どのような振舞いをしたのかを明らかにするとともに、小辺路に関わる史料や道中の道標、町石、茶屋跡などの交通遺跡などを紹介し、熊野参詣道小辺路の魅力にせまります。

≪展示構成≫
1.小辺路の交通遺跡
2.小辺路に関わる史料‐道中日記、往来一札など
3.二つの聖地(霊場)
4.現代の小辺路

≪付属事業≫
T講演会「熊野古道小辺路の今を魅せます・話します」
 1,000m超えの峠が4つもあり難路といわれる熊野古道小辺路。生活道として役割を果たす一方、古くから熊野参詣や高野詣での人々が行き交った道で、現在では世界遺産を体感するため多くの人がトレッキングを楽しんでいます。本講演会では高野山と熊野本宮大社を結ぶ熊野古道小辺路全路線約70qの調査結果を、道中の景観や石仏などの写真を交えながら道の魅力についてお話しします。

日 時:平成30年5月13日(日)午後1時30分〜3時
参加料:無料
定 員:80名(要申込、先着順)
場 所:映像ホール
講 師:熊野古道センター職員
受 付:4月13日(金)〜5月11日(金)

U熊野古道小辺路を歩く「果無峠越え〜天空の郷と三十三観音を訪ねて〜」

  高野山から熊野をめざす旅の‘最後の難所’といわれる標高1,080mの果無峠を越えるトレッキングを開催します。道中には‘天空の郷’と言われる果無集落があり、また西国三十三所観音の石仏が静かに佇んでいます。

日 時:5月19日(土)午前7時〜午後4時 ※雨天の場合は翌20日(日)に順延
参加料:1,000円(保険代、資料代込) ※別途、路線バス運賃690円必要
定 員:20名(要申込・応募多数の場合抽選)
場 所:熊野古道小辺路果無峠越え(奈良県吉野郡十津川村〜和歌山県田辺市本宮町)
案内人:西浦康代さん(新宮市観光ガイドの会会員)
対 象:健脚者(歩行距離約12q、累積標高+900m、-1,000mの登山ができる方)
受 付:4月19日(木)〜5月10日(木)










ージのトップへ