トップページ >> 貸館情報 >> みえの文化力シンポジウム 世界遺産「熊野古道」の魅力とは~「こころのふるさと三重」づくりをめざして~ 

貸館情報

 熊野古道センターの貸館情報をお伝えします。

2007年02月09日更新

みえの文化力シンポジウム 世界遺産「熊野古道」の魅力とは~「こころのふるさと三重」づくりをめざして~ 

 三重県が政策のベースとしている文化力の考え方を、県民の皆さんに分かりやすくお伝えするため、文化力を高め、生かしている各地の取組事例を交えての、シンポジウムが当センターにて開催されます。
 今回は、東紀州地域において、なじみがあり、特色のある事例として、世界遺産「熊野古道」を取り上げ、三重県が御遷宮を念頭に、2014年に向けて検討を始めた「こころのふるさと三重」づくり構想とも関連した講演、議論してゆきます。
 当副センター長・池田比早子もパネリストとして参加いたします。
 ぜひ、ご参加ください。


1,日時 平成19年2月25日(日)13時00分から16時00分

2,場所 三重県立熊野古道センター(三重県尾鷲市向井12-4)

3,プログラム
 基調講演(13時15分から14時15分)
  講演  《文化力イベント》で地域を創る
  講師  三隅吾一さん(財団法人民族芸術交流財団統括プロデュ―サー)
 パネルディスカッション(14時30分から16時00分)
  テーマ 世界遺産「熊野古道」の魅力とは~「こころのふるさと三重」づくりをめざして~(仮題)
  コーディネーター 竹下 譲さん(四日市大学総合政策学部長)
  パネリスト     三隅吾一さん
             池田比早子さん(NPO法人 熊野古道自然・歴史・文化ネットワーク副理事長)
             小林清人(三重県政策部政策企画分野総括室長)

4,定員  お申込み順に200名まで

5,参加費 無料

6,お申込み方法
 参加申込書に必要事項(氏名、住所、連絡先電話番号等)をご記入のうえ、三重県政策部企画室あて、郵送、FAXまたはEメールにて、平成19年2月19日までにお申し込みください。

7,お申込み・お問合わせ先
 〒514-8570 三重県津市広明町13
 三重県政策部企画室計画・文化力・県土づくり担当
 TEL:059-224-2025 / FAX 059-224-2075
 E-mail kikakuk@pref.mie.jp
 URL http://www.pref.mie.jp/KIKAKUK/HP/bunka/

お知らせ

過去の記事

2019年10月の記事
2019年09月の記事
2019年08月の記事
2019年06月の記事
2019年05月の記事
2019年04月の記事
2019年03月の記事
2019年02月の記事
2019年01月の記事
2018年11月の記事
2018年10月の記事
2018年09月の記事
2018年08月の記事
2018年07月の記事
2018年06月の記事
2018年05月の記事
2018年04月の記事
2018年03月の記事
2018年02月の記事
2018年01月の記事
2017年12月の記事
2017年11月の記事
2017年10月の記事
2017年09月の記事
2017年08月の記事
2017年07月の記事
2017年06月の記事
2017年05月の記事
2017年04月の記事
2017年03月の記事
2017年02月の記事
2017年01月の記事
2016年12月の記事
2016年11月の記事
2016年10月の記事
2016年09月の記事
2016年08月の記事
2016年06月の記事
2016年05月の記事
2016年04月の記事
2016年03月の記事
2016年02月の記事
2015年12月の記事
2015年11月の記事
2015年10月の記事
2015年09月の記事
2015年08月の記事
2015年07月の記事
2015年05月の記事
2015年04月の記事
2015年03月の記事
2015年02月の記事
2015年01月の記事
2014年12月の記事
2014年11月の記事
2014年10月の記事
2014年09月の記事
2014年07月の記事
2014年06月の記事
2014年05月の記事
2014年04月の記事
2014年02月の記事
2014年01月の記事
2013年12月の記事
2013年11月の記事
2013年10月の記事
2013年09月の記事
2013年08月の記事
2013年07月の記事
2013年05月の記事
2013年04月の記事
2013年03月の記事
2013年01月の記事
2012年12月の記事
2012年11月の記事
2012年10月の記事
2012年09月の記事
2012年08月の記事
2012年07月の記事
2012年06月の記事
2012年04月の記事
2012年02月の記事
2012年01月の記事
2011年12月の記事
2011年11月の記事
2011年10月の記事
2011年09月の記事
2011年08月の記事
2011年07月の記事
2011年06月の記事
2011年05月の記事
2011年04月の記事
2011年03月の記事
2011年02月の記事
2011年01月の記事
2010年11月の記事
2010年10月の記事
2010年09月の記事
2010年08月の記事
2010年07月の記事
2010年06月の記事
2010年05月の記事
2010年04月の記事
2010年03月の記事
2010年02月の記事
2010年01月の記事
2009年12月の記事
2009年11月の記事
2009年10月の記事
2009年09月の記事
2009年08月の記事
2009年07月の記事
2009年05月の記事
2009年04月の記事
2009年03月の記事
2009年02月の記事
2009年01月の記事
2008年12月の記事
2008年11月の記事
2008年10月の記事
2008年09月の記事
2008年08月の記事
2008年07月の記事
2008年06月の記事
2008年05月の記事
2008年04月の記事
2008年03月の記事
2008年01月の記事
2007年12月の記事
2007年11月の記事
2007年10月の記事
2007年09月の記事
2007年08月の記事
2007年07月の記事
2007年04月の記事
2007年02月の記事