トップページ >> 貸館情報 >> 2月28日(日)~3月12日(土) 第5回 熊野古道全国書道展

貸館情報

 熊野古道センターの貸館情報をお伝えします。

2016年02月14日更新

2月28日(日)~3月12日(土) 第5回 熊野古道全国書道展

 熊野古道をテーマにした作品や古典の臨書、写経などを募集します。サイズも半紙から半切(35cm×135cm)までで、毛筆でも硬筆や筆ペンでも出品できます。優秀作品は平成28年2月28日から熊野古道センターで展示されます。詳細は下記の開催要項を、出品票もご利用下さい。多くの方のご出品をお待ちしております。

【展示日時】 平成28年2月28日(日)~平成28年3月12日(土) 午前9時~午後5時

【展示会場】 三重県立熊野古道センター 交流棟大ホール

【問合せ先】 熊野古道全国書道展事務局 
         〒519-5713 三重県南牟婁郡紀宝町成川35-15 ℡ 0735-22-7047


※出展参加費 個人:一般 1,000円、高校生以下 500円
          団体:一般 800円、高校生以下 400円

第5回熊野古道全国書道展 開催要項

出品票

<創作課題 参考文 (規定課題ではありません)>
 
・硬筆

小学校低学年
 通り峠は風のとおり道。お地ぞう様が守る道。

小学校高学年
 紀和町の丸山千枚田は季節や時間帯によって美しく表情を変化させる。

中学生
 花の窟は『日本書紀』の「国生みの舞台」にも記されている日本最古の神社。イザナミノミコトの墓陵である。
 
高校生
 熊野詣には川舟が使われ、熊野川は「川の参詣道」として世界遺産に登録された。その舟は三枚の帆を掲げることから「三反帆」と呼ばれた。

一般
 七里御浜の小石はさまざまな場所から流れ着いている。「那智黒」と呼ばれる碁石の原料にもなる黒石は熊野市内の神川町から、白石は奈良県大峰山系から熊野川に流れ、それぞれ海岸へと運ばれてきた。また赤石は十津川から熊野川を下り、古い時代に堆積したものである。

・毛筆

小学校低学年
 石だたみ 祈りの古道 

小学校高学年
 徐福の宮 天狗倉山の頂

中学生
 夜鳴き地蔵 観音道の石仏

高校生
 風伝峠の朝霧 天台烏薬の木

一般
 浄不浄信不信を問わず人々を母のごとく抱き癒す
 驚去徐仙子 深入前秦雲 借問超逸趣 千古誰似君 (橘 南谿『西遊記続編』)


お知らせ

過去の記事

2019年09月の記事
2019年08月の記事
2019年07月の記事
2019年06月の記事
2019年05月の記事
2019年04月の記事
2019年03月の記事
2019年02月の記事
2019年01月の記事
2018年11月の記事
2018年10月の記事
2018年09月の記事
2018年08月の記事
2018年07月の記事
2018年06月の記事
2018年05月の記事
2018年04月の記事
2018年03月の記事
2018年02月の記事
2018年01月の記事
2017年12月の記事
2017年11月の記事
2017年10月の記事
2017年09月の記事
2017年08月の記事
2017年07月の記事
2017年06月の記事
2017年05月の記事
2017年04月の記事
2017年03月の記事
2017年02月の記事
2017年01月の記事
2016年12月の記事
2016年11月の記事
2016年10月の記事
2016年09月の記事
2016年08月の記事
2016年06月の記事
2016年05月の記事
2016年04月の記事
2016年03月の記事
2016年02月の記事
2015年12月の記事
2015年11月の記事
2015年10月の記事
2015年09月の記事
2015年08月の記事
2015年07月の記事
2015年05月の記事
2015年04月の記事
2015年03月の記事
2015年02月の記事
2015年01月の記事
2014年12月の記事
2014年11月の記事
2014年10月の記事
2014年09月の記事
2014年07月の記事
2014年06月の記事
2014年05月の記事
2014年04月の記事
2014年02月の記事
2014年01月の記事
2013年12月の記事
2013年11月の記事
2013年10月の記事
2013年09月の記事
2013年08月の記事
2013年07月の記事
2013年05月の記事
2013年04月の記事
2013年03月の記事
2013年01月の記事
2012年12月の記事
2012年11月の記事
2012年10月の記事
2012年09月の記事
2012年08月の記事
2012年07月の記事
2012年06月の記事
2012年04月の記事
2012年02月の記事
2012年01月の記事
2011年12月の記事
2011年11月の記事
2011年10月の記事
2011年09月の記事
2011年08月の記事
2011年07月の記事
2011年06月の記事
2011年05月の記事
2011年04月の記事
2011年03月の記事
2011年02月の記事
2011年01月の記事
2010年11月の記事
2010年10月の記事
2010年09月の記事
2010年08月の記事
2010年07月の記事
2010年06月の記事
2010年05月の記事
2010年04月の記事
2010年03月の記事
2010年02月の記事
2010年01月の記事
2009年12月の記事
2009年11月の記事
2009年10月の記事
2009年09月の記事
2009年08月の記事
2009年07月の記事
2009年05月の記事
2009年04月の記事
2009年03月の記事
2009年02月の記事
2009年01月の記事
2008年12月の記事
2008年11月の記事
2008年10月の記事
2008年09月の記事
2008年08月の記事
2008年07月の記事
2008年06月の記事
2008年05月の記事
2008年04月の記事
2008年03月の記事
2008年01月の記事
2007年12月の記事
2007年11月の記事
2007年10月の記事
2007年09月の記事
2007年08月の記事
2007年07月の記事
2007年04月の記事
2007年02月の記事