トップページ >> 貸館情報 >> 平成19年度国際熊野学会大会を開催(H19年11月23日~25日)

貸館情報

 熊野古道センターの貸館情報をお伝えします。

2007年11月19日更新

平成19年度国際熊野学会大会を開催(H19年11月23日~25日)

2004年世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」、その参詣道のひとつ「熊野古道伊勢路」は、自然と人との深い関わりのなかで形成された、すぐれた文化的景観として高く評価されています。伊勢の聖地と熊野を結びつける、幾多の巡礼者が歩いた「熊野古道伊勢路」の魅力をテーマとして次のとおり開催いたします。

11月23日(金)勤労感謝の日
   開  会(15:00~) 伊藤 允久(尾鷲市長)
             林  雅彦(国際熊野学会代表委員)
■基調講演(15:10~16:10) 会場:映像ホール
「江戸時代の巡礼たちと伊勢路」塚本 明(三重大学人文学部教授)
 
  ■セミナー(16:20~17:20)
「熊野古道の巡礼たち」花尻 薫(三重県立熊野古道センター長)
「東国からの伊勢路巡礼」中山 和久(慶應義塾大学非常勤講師)

11月24日(土)
 ■熊野古道体験(8:30~16:00)
   Aコース 馬越峠コース(健脚者向け)
   Bコース 海から見る楯ケ崎と二木島の文化財コース(足弱者向け)
   Cコース 松本峠と花の窟コース(普通者向け)
※当日午前8時30分にJR尾鷲駅前に集合、Aコースは尾鷲駅前からマイクロバスにより送迎、B、Cコースは、JR尾鷲駅から列車を利用

11月25日(日)
  ■研究発表(9:00~12:00)会場:映像ホール
   「熊野参詣道 大辺路の魅力と課題」辻田 友紀 氏
「熊野の日本狼」上野 一夫 氏
資料紹介「熊野古道を描く絵巻」山本 殖生 氏

   ※23日(金)基調講演・セミナー、25日(日)研究発表は、自由にご聴講いただけますが、24日(土)の古道体験につきましては、準備の都合がありますので、希望されるコースを11月16日(金)までにお電話等でお申し込みください。各コース先着20名まで募集いたします(参加費:傷害保険料としてお一人300円。当日、集めさせていただきます)。

 ★申し込み・問合せ先
〒647-0081 新宮市春日1-1
     新宮市教育委員会熊野文化振興室 内
       国際熊野学会熊野事務局
TEL 0735-23-3368(直通)
FAX 0735-23-3370

お知らせ

過去の記事

2019年06月の記事
2019年05月の記事
2019年04月の記事
2019年03月の記事
2019年02月の記事
2019年01月の記事
2018年11月の記事
2018年10月の記事
2018年09月の記事
2018年08月の記事
2018年07月の記事
2018年06月の記事
2018年05月の記事
2018年04月の記事
2018年03月の記事
2018年02月の記事
2018年01月の記事
2017年12月の記事
2017年11月の記事
2017年10月の記事
2017年09月の記事
2017年08月の記事
2017年07月の記事
2017年06月の記事
2017年05月の記事
2017年04月の記事
2017年03月の記事
2017年02月の記事
2017年01月の記事
2016年12月の記事
2016年11月の記事
2016年10月の記事
2016年09月の記事
2016年08月の記事
2016年06月の記事
2016年05月の記事
2016年04月の記事
2016年03月の記事
2016年02月の記事
2015年12月の記事
2015年11月の記事
2015年10月の記事
2015年09月の記事
2015年08月の記事
2015年07月の記事
2015年05月の記事
2015年04月の記事
2015年03月の記事
2015年02月の記事
2015年01月の記事
2014年12月の記事
2014年11月の記事
2014年10月の記事
2014年09月の記事
2014年07月の記事
2014年06月の記事
2014年05月の記事
2014年04月の記事
2014年02月の記事
2014年01月の記事
2013年12月の記事
2013年11月の記事
2013年10月の記事
2013年09月の記事
2013年08月の記事
2013年07月の記事
2013年05月の記事
2013年04月の記事
2013年03月の記事
2013年01月の記事
2012年12月の記事
2012年11月の記事
2012年10月の記事
2012年09月の記事
2012年08月の記事
2012年07月の記事
2012年06月の記事
2012年04月の記事
2012年02月の記事
2012年01月の記事
2011年12月の記事
2011年11月の記事
2011年10月の記事
2011年09月の記事
2011年08月の記事
2011年07月の記事
2011年06月の記事
2011年05月の記事
2011年04月の記事
2011年03月の記事
2011年02月の記事
2011年01月の記事
2010年11月の記事
2010年10月の記事
2010年09月の記事
2010年08月の記事
2010年07月の記事
2010年06月の記事
2010年05月の記事
2010年04月の記事
2010年03月の記事
2010年02月の記事
2010年01月の記事
2009年12月の記事
2009年11月の記事
2009年10月の記事
2009年09月の記事
2009年08月の記事
2009年07月の記事
2009年05月の記事
2009年04月の記事
2009年03月の記事
2009年02月の記事
2009年01月の記事
2008年12月の記事
2008年11月の記事
2008年10月の記事
2008年09月の記事
2008年08月の記事
2008年07月の記事
2008年06月の記事
2008年05月の記事
2008年04月の記事
2008年03月の記事
2008年01月の記事
2007年12月の記事
2007年11月の記事
2007年10月の記事
2007年09月の記事
2007年08月の記事
2007年07月の記事
2007年04月の記事
2007年02月の記事