トップページ >> イベント情報 >> イベントレポート

イベントレポート

 熊野古道センターにてこれまで開催してきた各種イベントの様子をご紹介します。

«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 25 | 26 | 27 || Next»

平成19年4月8日(日)語り部講座Ⅰ「藁草履作りと古道歩き」

2007年04月08日

作った藁草履を履いて馬越峠を籠担ぎ!尾鷲市向井地区の吉村さん・東さん・九鬼さんの3名の藁草履作りの達人や暖竹について詳しい語り部の川口有三さんらをむかえて、楽しい藁草履作りと暖竹の杖作りをし、伊勢路「馬越峠」を籠を担いで歩きました!

» レポートの詳細はこちら

 

平成19年3月25日(日)体験教室「食べられる山野草」を開催しました。

2007年03月25日

ユキノシタのてんぷら!雨が降るなか、6名の方と一緒に山野草探しと山野草料理づくりを楽しみました!

» レポートの詳細はこちら

 

平成16年3月16日(金)那智参詣曼荼羅絵解きを開催しました。

2007年03月17日

現代の熊野比丘尼による絵解き 熊野観心十界曼荼羅と那智参詣曼荼羅。この二つの聖地絵図を熊野比丘尼に扮して絵解きをし、当時の人々の心の中をのぞく機会となるよう分かりやすく紹介する講演会を開催しました。

» レポートの詳細はこちら

 

平成19年3月10(土)~11日(日)木の建築フォラム in 尾鷲

2007年03月10日

NPO法人「木の建築フォラム」と共催で、全国各地で「地域材を活かした家作りと生産ネットワーク」を実践されている方々が集い、語り合うフォーラムを開催しました。

» レポートの詳細はこちら

 

平成19年3月1日(木)講演会「熊野古道に学ぶ」を開催しました。

2007年03月01日

熊野古道伊勢路語り部の会幹事・渡辺芳遠氏国際情勢も国内の家庭も学校も社会も一部で崩壊し、多くの人が不安を抱えて生きている現代社会の原因を探り、熊野古道からその答えを探っていく講演会を開催しました。

» レポートの詳細はこちら

 

平成19年2月25日(日)アラカシの木を植えました

2007年02月25日

大きく育ちますように・・・ 「カシ」といえば、「アラカシ」のこと。日本の里山の雑木林で見かける代表的な木です。材が堅くひずみが少ないので、農具の柄や各種の器具などに使われ、昔から生活に役立てられてきました。
 当センター長・花尻香が里山で拾ったドングリを植えて育てた苗を、センターの庭に植えました。

» レポートの詳細はこちら

 

平成19年2月24日(土)開館記念講演会「熊野古道センターと東紀州の未来」が開催されました。

2007年02月24日

海の博物館館長・石原義剛氏(三重県東紀州対策局特別顧問)熊野古道センター開館記念講演会としまして、三重県東紀州対策局特別顧問の石原義剛氏をお招きし、講演会を開催しました。
古道センターの基本構想からのお話も交えて、東紀州と熊野古道センターについて語っていただきました。

» レポートの詳細はこちら

 

平成19年2月24日(土)折り紙教室を開催しました

2007年02月24日

お内裏様です 雛人形の折り紙を通じて、桃の節句の行事を学ぶ折り紙教室を開催しました。講師は、尾鷲自然研究会代表・当NPO理事である七見憲一氏です。神業の紙技!? 指先仕事の達人のレクチャーによって、自分だけの雛人形が出来上がりました。

» レポートの詳細はこちら

 

平成19年2月24日(土)バードウォッチングを開催しました

2007年02月24日

ホオジロ発見・・・!? 冬の間は、野鳥に会える絶好のシーズン。今日は山やみかん畑に囲まれたセンター近辺から、野鳥の声に耳を澄ましましながら海沿いを歩きました。昨夜に風が少し強く吹いたせいか、いつもより少し鳥との出会いが少ないと思われましたが、計30種の鳥に出会うことができました。(うち5種は声のみ確認。)

» レポートの詳細はこちら

 

平成19年2月21日(水)フラワーデザイン教室を開催しました

2007年02月24日

教室が花の香りでいっぱいに☆ 当副センター長・池田比早子はその手を自由自在に、そして自由奔放に動かす「楽しむ」達人です。今回はフラワーデザインの講師となって、市内の作業所のみなさんを中心にお迎えし、お雛様をテーマにしたフラワーアレンジメントを楽しみました。

» レポートの詳細はこちら

 
«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 25 | 26 | 27 || Next»

イベント情報

過去の記事

2017年07月の記事
2017年06月の記事
2017年05月の記事
2017年04月の記事
2017年03月の記事
2017年02月の記事
2016年12月の記事
2016年11月の記事
2016年09月の記事
2016年07月の記事
2016年03月の記事
2016年01月の記事
2015年12月の記事
2015年10月の記事
2015年08月の記事
2015年06月の記事
2015年05月の記事
2015年04月の記事
2015年03月の記事
2015年01月の記事
2014年11月の記事
2014年10月の記事
2014年08月の記事
2014年07月の記事
2014年06月の記事
2014年05月の記事
2014年03月の記事
2014年02月の記事
2014年01月の記事
2013年11月の記事
2013年08月の記事
2013年07月の記事
2013年06月の記事
2013年05月の記事
2013年04月の記事
2013年03月の記事
2013年02月の記事
2012年12月の記事
2012年09月の記事
2012年07月の記事
2012年06月の記事
2012年05月の記事
2012年04月の記事
2012年03月の記事
2012年02月の記事
2012年01月の記事
2011年10月の記事
2011年08月の記事
2011年07月の記事
2011年06月の記事
2011年05月の記事
2011年04月の記事
2011年03月の記事
2011年02月の記事
2010年12月の記事
2010年11月の記事
2010年10月の記事
2010年09月の記事
2010年08月の記事
2010年07月の記事
2010年06月の記事
2010年05月の記事
2010年04月の記事
2010年03月の記事
2010年02月の記事
2010年01月の記事
2009年12月の記事
2009年11月の記事
2009年10月の記事
2009年09月の記事
2009年08月の記事
2009年07月の記事
2009年06月の記事
2009年05月の記事
2009年04月の記事
2009年03月の記事
2009年02月の記事
2009年01月の記事
2008年12月の記事
2008年11月の記事
2008年10月の記事
2008年09月の記事
2008年08月の記事
2008年07月の記事
2008年06月の記事
2008年05月の記事
2008年04月の記事
2008年03月の記事
2008年02月の記事
2008年01月の記事
2007年12月の記事
2007年11月の記事
2007年10月の記事
2007年09月の記事
2007年08月の記事
2007年07月の記事
2007年06月の記事
2007年05月の記事
2007年04月の記事
2007年03月の記事
2007年02月の記事