トップページ >> イベント情報 >> イベントレポート >> 平成27年8月1日(土)ワークショップ「にがおえピザをつくろう!!」を開催しました!!

イベントレポート

 熊野古道センターにてこれまで開催してきた各種イベントの様子をご紹介します。

平成27年8月1日(土)ワークショップ「にがおえピザをつくろう!!」を開催しました!!

2015年08月01日

8月23日(日)まで開催の特別展「絵本の原画がやってくる!」の絵本作家山本真嗣さんを講師にお迎えし、「にがおえピザをつくろう!!」を開催しました。
 今回のワークショップでは、山本さんが最新刊「たべもの王国のさがしもの」に登場するキャラクターを実物の食べ物で再現するシリーズを展開している中で、子どもたちと一緒に作れる料理ということで、餃子の皮を使って簡単に作れる似顔絵ピザを紹介していただきました。
 この日集まってくれたのは、小学1年生から6年生までのお絵かきや料理が好きなお友達29名です。
 いつもの料理教室では、料理の先生が教えてくれますが、今回のピザ作りは絵の先生が教えてくれるというちょっと変わった教室です。美味しいおやつを作ると同時に、作品としての完成度も求められる難度の高い教室です。しかし、子どもたちにはそんなことは関係ないようです。みんな思い思いに好きな食材を選んで、目、鼻、口などのパーツを並べてイメージした顔を描いていきます。
丸い顔に目や口を並べますピーマンは髪飾りに
 













 不思議と笑顔になってしまうところも子どもらしいですね。カッパや鬼、桃太郎、鼻の長いゾウなど、この日午前と午後の2回の教室で完成した似顔絵ピザは100個以上。一つとして同じ顔がない、オリジナルピザが並びました。どれも食べるのがもったいないくらいの力作でした。
いろんな顔が完成








 楽しく簡単に作れるおやつということで、自宅でも家族やお友達と作ってみたいという声がたくさんあがりました。今回の教室では、事前に細かくカットした食材を準備しましたが、お家で作る場合は自分たちで野菜を細くカットしたり、丸くくり抜いたり、下ごしらえからはじめないといけません。普段、お店で食べる料理やお母さんが作ってくれる料理も、テーブルに並ぶまでには様々な工程があって、簡単に出来上がるものではないことを学習するきっかけにもなります。美味しい料理を食べるときは、作ってくれた人に感謝して食べましょう。私たち大人も当たり前になってしまっていないか、食について考える良い機会となりました。
 ピザ作りの後は、サイン本の販売会をおこないました。絵本に登場するキャラクターをその場で描いていただいたのですが、白紙のページにスラスラとキャラクターが描かれていく様子に、子どもたちだけでなくお母さんたちも釘付けでした。購入した絵本を手に、先生と記念撮影をするみんなの笑顔がステキでした。
サイン会の様子








 そして、翌日のサイン会では、絵本を購入された方の似顔絵をその場で描き入れてくれるといううれしいサービス。これこそ世界に一つだけの絵本です。お子さんの写真を見せて描いてもらっている方もいました。プレゼントしたお子さんの宝物になってくれるといいですね。
少し緊張しています






 さて、今回講師を務めていただいた山本真嗣さんの原画展は、8月23日(日)午後3時まで開催しています。まだ、ご覧いただいていない方は、お誘い合わせの上、ぜひ期間中にご来場ください。
 そして、これは予定していなかったのですが、最終日にもう一度サイン本の販売をおこないます。山本さんがマジックを握りしめて、みなさんのご来場をお待ちしています。似顔絵を描いてもらえるチャンス!おしゃれして来てくださいね!
http://www.kumanokodocenter.com/event/150704_1.html

イベント情報

過去の記事

2019年08月の記事
2019年07月の記事
2019年01月の記事
2018年12月の記事
2018年11月の記事
2018年10月の記事
2018年05月の記事
2017年12月の記事
2017年07月の記事
2017年06月の記事
2017年05月の記事
2017年04月の記事
2017年03月の記事
2017年02月の記事
2016年12月の記事
2016年11月の記事
2016年09月の記事
2016年07月の記事
2016年03月の記事
2016年01月の記事
2015年12月の記事
2015年10月の記事
2015年08月の記事
2015年06月の記事
2015年05月の記事
2015年04月の記事
2015年03月の記事
2015年01月の記事
2014年11月の記事
2014年10月の記事
2014年08月の記事
2014年07月の記事
2014年06月の記事
2014年05月の記事
2014年03月の記事
2014年02月の記事
2014年01月の記事
2013年11月の記事
2013年08月の記事
2013年07月の記事
2013年06月の記事
2013年05月の記事
2013年04月の記事
2013年03月の記事
2013年02月の記事
2012年12月の記事
2012年09月の記事
2012年07月の記事
2012年06月の記事
2012年05月の記事
2012年04月の記事
2012年03月の記事
2012年02月の記事
2012年01月の記事
2011年10月の記事
2011年08月の記事
2011年07月の記事
2011年06月の記事
2011年05月の記事
2011年04月の記事
2011年03月の記事
2011年02月の記事
2010年12月の記事
2010年11月の記事
2010年10月の記事
2010年09月の記事
2010年08月の記事
2010年07月の記事
2010年06月の記事
2010年05月の記事
2010年04月の記事
2010年03月の記事
2010年02月の記事
2010年01月の記事
2009年12月の記事
2009年11月の記事
2009年10月の記事
2009年09月の記事
2009年08月の記事
2009年07月の記事
2009年06月の記事
2009年05月の記事
2009年04月の記事
2009年03月の記事
2009年02月の記事
2009年01月の記事
2008年12月の記事
2008年11月の記事
2008年10月の記事
2008年09月の記事
2008年08月の記事
2008年07月の記事
2008年06月の記事
2008年05月の記事
2008年04月の記事
2008年03月の記事
2008年02月の記事
2008年01月の記事
2007年12月の記事
2007年11月の記事
2007年10月の記事
2007年09月の記事
2007年08月の記事
2007年07月の記事
2007年06月の記事
2007年05月の記事
2007年04月の記事
2007年03月の記事
2007年02月の記事