センターのご案内

熊野古道センター内の施設についてご紹介します。

施設マップ
開館時間
午前9時から午後5時まで ※利用時間(貸館)は午後10時まで
ご利用可能施設案内
  • 1.大ホール
  • 2.小ホール
  • 3.会議室
  • 4.和室
  • 5.体験学習室
  • 6.展示棟ホール
  • 7.常設展示室
  • 8.企画展示室
  • 9.映像ホール
  • 10.図書資料室
  • 11.特別展示室
休館日
12月31日、1月1日(その他メンテナンス等により休館の場合あり)

全館バリアフリーになっております。車イス、身障者用トイレ、ベビーシートも完備しております。

1/交流棟 大ホール・小ホール

尾鷲ヒノキの香り漂う明るい大空間。熊野古道を訪れる方々や地域の皆さんがくつろぎ、交流する場としてご利用いただけます。(お弁当などの持込・飲食可)人がここに集い、ここから交流が深まるようなイベントも開催していきます。

大ホール
大ホール
小ホール
小ホール

2/交流棟 体験学習室・和室

東紀州の素材を生かした多彩な体験学習を開催します。講師は、東紀州地域に住み、あるいはこの地域をこよなく愛する方々を中心とした“東紀州人”ばかり。お子様から大人まで、物を作る喜びや自然に触れる喜びを体感してください。貸しスペースとしてもご利用いただけます。

体験学習室
体験学習室
和室
和室

3/展示棟

熊野古道とその周辺の歴史、自然、文化を紹介する常設展示室や映像ホール、そしてより深くテーマを絞った企画展を行う企画展示室があります。
開催中の展示はこちらをご覧ください。

常設展示室
常設展示室
映像ホール
映像ホール
企画展示室
企画展示室

4/研究収蔵棟

重要文化財対応の特別展示室や、熊野古道や東紀州地域の研究・学習のための図書資料室があります。
図書資料室は、毎日午前10時~午後3時に開館しています。どなた様でもゆっくりと閲覧いただけます。

特別展示室
特別展示室
図書資料室
図書資料室

センター長あいさつ

センター長 川端 守

バスク自治州との交流

三重県は、スペインバスク自治州と「巡礼の道に関する覚書」を締結した。サンティアゴ・デ・コンポステーラに至る巡礼道は、道の世界遺産としては初めてのものだった。登録15周年を迎えた「紀伊山地の霊場と参詣道」に先立つこと11年。1000を超える世界遺産の中で、登録要素として共通の「道」を有することは貴重といえる。

800キロに及ぶスペイン巡礼道(「フランス人の道」)は、ピレネー山脈を越えて、バスク州に入る。パンプローナ、プエンテ・ラ・レイナ、ログローニョと進む巡礼道は、世界遺産の道として是非とも交流を深めたい所である。

令和2年4月から、5年間の管理・運営を担うことになった、私どもNPOとしても、県の締結を機にバスク自治州を横切る世界遺産の道との交流を深めていきたいと考えています。

センター長 川端 守

音声ガイダンスについて

音声ガイダンス用のスティックタイプの機械

多言語音声ガイド(英語・中国語・台湾語・韓国語・フランス語)

常設展示室(展示棟)でご利用いただける多言語音声ガイドを貸し出ししております。
貸し出しご希望の方は、総合案内カウンター(交流棟)にてお申込み下さい。
ご利用料金は無料です。ご利用にあたっては、1,000円の保証金をお預かりします。
(保証金は音声ガイドの返却時にお返しします。)