知られざる熊野探訪ツアー「いにしえの生活道~九木道を歩く~」

知られざる熊野探訪ツアー

開催日 令和4年6月4日(土)  ※雨天の場合6月5日(日)、天候によっては中止する場合がございます。
時間 午前8時30分~午後4時 ※受付:午前8時~熊野古道センター駐車場
場所 九木道~八鬼山道(尾鷲市九鬼町~向井 歩行距離約10㎞)
参加料・入場料 500円(保険料含む)※別途JR運賃200円が必要です。
定員 15名(要申込・応募多数の場合抽選)
募集受付期間 令和4年4月21日(木)~5月21日(土)午後5時まで
案内人 内山佳和氏(日本山岳ガイド協会認定登山ガイド)
対象 健脚者向け
持ち物等 昼食、飲料、歩きやすい服装、トレッキングシューズ、帽子、雨具、タオル、虫よけ等 トレッキングポールがある方はお持ちください。(希望の方には杖を貸出します。) ※九木道は、完全に整備された道ではありませんので、ご注意ください。
備考欄 ※抽選結果は、電話連絡します。また、当選された方には参加のご案内を郵送します。

 九木道(くきみち)は、八鬼山越えの途中、九木峠(標高522m)から南東へ谷に沿ってくだり、九鬼集落へとつながる古道で、かつては、九鬼村の住民が、尾鷲と行き来する生活の道として欠かせない道でした。九木峠に建つ道標には、「右、みきさとみち」「左、くきみち」「大正十五年五月建立、九鬼村役場」と刻まれています。九鬼村は、九鬼水軍発祥の地で、当時の村役場が道標を建てるほど、九木道は多くの人が通行していました。
 昭和32年に国鉄紀勢東線尾鷲駅~九鬼駅間が開通、国道311号線が徐々に整備されると、九木道を歩く人はほとんどいなくなり、道は荒廃していましたが、尾鷲薮漕(やぶこぎ)隊の皆さんがボランティアで、埋もれた箇所を掘り起こして整備し、道を再生させました。
 今回の知られざる熊野探訪ツアーは、当時の住民が苦労して歩き、生活のための物資を運んだいにしえの道「九木道」を、日本山岳ガイド協会認定登山ガイドの内山佳和氏(尾鷲薮漕隊)にご案内いただきます。

≪スケジュール予定≫
8:00  熊野古道センター駐車場集合 受付
8:30  徒歩にてJR大曽根駅へ移動
9:00  JR乗車(大曽根駅9:07発→九鬼駅9:14着)
9:30  歩く準備、九木道へ向け出発
12:30  九木峠~八鬼山荒神堂 昼食トイレ休憩
15:30  八鬼山登り口
16:00  熊野古道センター到着 アンケート 解散

九木峠
道標
九木道

〈 一覧に戻る