熊野古道自然学校「海浜植物を学ぼう!」 受付終了

体験学習

開催日 令和2年9月27日(日)*雨天の場合は中止
時間 午前10時~正午
場所 大白公園(紀北町矢口浦)
参加料・入場料 500円(保険料、資料代含む)
定員 15名(要申込、応募多数の場合抽選)
募集受付期間 8月10日(月)~9月19日(土)午後5時まで
講師 山本和彦氏(三重自然誌の会会員)
対象 小学生以上(3年生以下は保護者同伴)

 大白公園は、熊野灘臨海公園の一部として、周囲の自然環境や地理的特徴を生かしたまま整備・保全されている公園です。公園中央には海跡湖があり、ハマナツメなどが自生、その他、ハマゴウ、ツワブキ、アケボノソウ、ジャケツイバラ、シマエンジュなど、多様な植物を観察することができます。今回は公園を周回する遊歩道や海岸を散策しながら、自生する海浜植物の分類や名前の由来、その生態について学びます。

〈 一覧に戻る