知られざる熊野探訪ツアー「九木崎の森を歩く~魚見小屋・遠見番所を訪ねて~」

知られざる熊野探訪ツアー

開催日 令和2年11月7日(土)※雨天の場合11月8日(日)に延期
時間 午前9時~午後3時半(8時半から受付)
場所 尾鷲市九鬼町~九木崎(集合:九鬼町コミュニティセンター)
参加料・入場料 500円(保険料・資料代込み)
定員 15名(要申込・応募多数の場合抽選)
募集受付期間 9月19日(土)~10月24日(土)
案内人 内山 佳和氏(日本山岳ガイド協会認定登山ガイド)
対象 健脚者向(歩行距離約10㎞)※累積標高 約±250m
持ち物等 歩きやすい服装と靴、弁当、飲料、雨具、その他各自必要なもの

 尾鷲市九鬼町は、熊野灘に面したリアス式の静かな良港として栄え、九鬼水軍発祥の地として知られています。また、同町の奥地には室町時代初期の創建といわれる菅原道真を祀った九木神社が鎮座し、国天然記念物に指定されている樹叢とともに深いその歴史を感じさせる景観を醸し出しています。
 今回のツアーは、この九鬼神社樹叢より九木崎に向かい、江戸時代に外国船接近の監視のために建てられた遠見番所や、かつてブリの魚群を監視した魚見小屋など、漁師町特有の史跡を巡るツアーを開催します。道中、当地域の集落に広く分布する猪垣跡や、九木崎に続く遊歩道においては、右手に輝く熊野灘を遠望しながら、スダジィ、アラカシ、バクチノキなどの照葉樹の巨木などの豊かな植生の森を体感でき、秋のさわやかなトレッキングが楽しめます。

〈 一覧に戻る