熊野古道センターワンコインコンサート LESS IS MORE 弦楽四重奏で描く紀伊半島の魅力

交流イベント

開催日 令和2年12月13日(日)
時間 午後1時30分~3時 ※開場:午後1時
場所 交流棟大ホール
参加料・入場料 500円
定員 100名(要入場券・先着順)
募集受付期間 10月10日(土)午前9時より入場券販売開始 ※無くなり次第終了
出演者 LESS IS MORE (ヴァイオリン:大光嘉理人氏・石井智大氏、ヴィオラ:塚本遼氏、チェロ:中西圭祐氏)
主催 三重県立熊野古道センター
対象 未就学児のお子様のご入場はご遠慮下さい

 本格的な弦楽四重奏を気軽に楽しんでいただけるワンコインコンサートを開催します。今回のコンサートでは、東京藝術大学の学生・卒業生からなるカルテットグループ「LESS IS MORE」を迎え、クラシックやジャズなど、様々な音楽を融合させた独創的な楽曲を披露していただきます。
 LESS IS MOREは、田辺高校出身の作曲家、多田泰教氏のプロデュースのもと、日本人ならではの美意識や、熊野の魅力を世界に発信することを目的に2016年から活動を行っています。東京都内を中心に名古屋や京都、和歌山県本宮町などで公演を行っており、2018年にはニューヨークでの公演も実現しました。昨年2019年には、田辺市を舞台とした映画「あいが、そいで、こい」の音楽や、製菓メーカー「ロイズコンフェクト」のCM楽曲を担当するなど、活躍の場を広げています。
 熊野の雨を表現した楽曲「RAIN FOREST OF KUMANO」など、この地方にちなんだオリジナルの楽曲を中心に演奏していただく予定です。

≪LESS IS MOREプロフィール≫
東京藝術大学の学生と卒業生からなるカルテットグループ。日本人の美意識や、熊野の風景を世界に届けるために結成された。クラシック。ジャズ・ロックを融合させた音楽は、国内外の熱い注目を集めている。近年、映画音楽、テレビCMなど、活動の範囲を広げている。

〈 一覧に戻る