知られざる熊野探訪ツアー「いにしえの生活道~九木道を歩く~」 ※中止

知られざる熊野探訪ツアー

開催日 令和3年9月25日(土)※雨天の場合9月26日(日)
時間 午前8時半~午後4時 ※受付:午前8時~熊野古道センター駐車場 
場所 九木道~八鬼山道(尾鷲市九鬼町~向井 歩行距離約10㎞)
参加料・入場料 500円(保険料含む)※別途JR運賃が必要です。
定員 20名(要申込・応募多数の場合抽選)
募集受付期間 令和3年8月11日(水)~9月11日(土)午後5時まで
案内人 内山佳和氏(日本山岳ガイド協会認定登山ガイド)
主催 三重県立熊野古道センター
持ち物等 昼食、飲料、歩きやすい服装、トレッキングシューズ、帽子、雨具、タオルなど トレッキングポールがある方はお持ちください。ない方には杖を貸出します。 
備考欄 抽選結果は電話連絡いたします。また、当選された方には参加のご案内を郵送いたします。

 九木道(くきみち)は、八鬼山越えの途中、九木峠(標高522m)から南東へ谷に沿ってくだり、九鬼集落へとつながる古道で、かつては、九鬼集落に住む人たちが、歩いて尾鷲と行き来し、生活の道として利用していました。九木峠に建つ道標には、「右、みきさとみち」「左、くきみち」「大正十五年五月建立、九鬼村役場」と刻まれています。当時は、村役場が道標を建てるほど、多くの人が通行していましたが、国鉄の開通や、国道が徐々に整備されたことで、九木道を歩く人はほとんどいなくなりました。そのため、倒木や草木が生い茂り、道は荒廃してしまいました。この九木道を尾鷲薮漕(やぶこぎ)隊の皆さんが、ボランティアで掘り起こして整備し、また歩ける道として再生させました。
 今回の知られざる熊野探訪ツアーは、日本山岳ガイド協会認定登山ガイドの内山氏に、九木道から八鬼山道をご案内いただき、当時の住民たちが、苦労して生活のための物資を運んだいにしえの道を歩きます。

九木峠
九木峠 道標
道中からの眺望

※九木道は、完全に整備された道ではありませんので、ご注意ください。

〈 一覧に戻る