東紀州の四季を味わう料理教室~旬のブリ料理~ ※3/12(土)に延期となりました※

体験学習

no image
開催日 令和4年2月13日(日)
時間 午後1時~午後3時
場所 熊野古道センター体験学習室
参加料・入場料 2,000円
定員 20名(要申込・応募多数の場合は抽選)
募集受付期間 令和4年1月2日(日)~2月6日(日)午後5時まで
講師 西岡宏起氏(相可高校食物調理科教諭)、相可高校調理クラブの皆さん
主催 三重県立熊野古道センター
持ち物等 エプロン・三角巾・筆記用具・マスク

※三重県に『まん延防止等重点措置』が発令されたことを受け、こちらのイベントは令和4年3月12日(土)に延期となりました。
 詳細につきましては、改めてホームページにてお知らせいたします。

 東紀州の特産品や食材の魅力を知っていただくための料理教室を開催します。今回は、ブリを使用した料理を作ります。尾鷲市を含む熊野灘に面する三重県南部では、明治30年代からブリ定置網が操業されており、経済を支える重要な産業となっています。漁村の生活、文化、風習とも深くつながっているブリは、尾鷲市を代表する魚のひとつとして「市の魚」に指定されています。冬から春にかけて熊野灘に来遊するブリは、北の海で栄養を蓄え、脂が乗っているのが特徴です。
 相可高校食物調理科教諭の西岡宏起先生の指導の下、この時期に尾鷲湾で水揚げされたブリの調理法とレシピを学びます。

〈 一覧に戻る