吉野町講演会「源氏物語が書かれた頃 ~熊野詣で(伊勢路)と御嶽詣で~」

講座・講演

開催日 令和6年3月16日(土)
時間 午後1時30分~3時 ※午後1時から受付開始
場所 三重県立熊野古道センター 映像ホール
参加料・入場料 無料
定員 80名(要申込・先着順)
募集受付期間 令和6年2月15日(木)~3月15日(金)午後5時まで
講師 中東洋行氏(吉野歴史資料館 学芸職員)
共催 三重県立熊野古道センター・吉野歴史資料館(奈良県吉野郡吉野町)
対象 一般

 今年度の熊野古道センターと吉野歴史資料館との連携講座は「源氏物語が書かれた頃 ~熊野詣で(伊勢路)と御嶽詣で~」と題して講演会を開催します。講師は吉野歴史資料館学芸職員の中東洋行氏です。
 2024年のNHK大河ドラマ「光る君へ」。『源氏物語』や藤原道長の時代が紹介されますので、平安時代中期に、世間の注目があつまることでしょう。さて、この時代は熊野詣でや御嶽(吉野)詣でが盛んに行われた時期でした。広く熊野地域や吉野地域はどのように見られ、どのように文学作品に描かれ、どのような方々が伊勢路や吉野を目指したのでしょう。「紀伊山地の霊場と参詣道」世界遺産20周年の直前に、歴史に思いを馳せたいと思います。

≪スケジュール予定≫
 13:00 受付開始
 13:30 講演
 14:05 休憩
 14:15 講演
 14:50 質疑応答
 15:00 終了・アンケート回収

【中東 洋行(なかひがし ひろゆき)氏 略歴】
吉野歴史資料館の学芸職員(または吉野町産業観光課主査)
1986年、奈良県生まれ。大阪教育大学卒業後、関西大学大学院文学研究科で考古学を学ぶ。奈良県立橿原考古学研究所嘱託職員、吉野町教育委員会事務局、吉野町役場文化観光交流課を経て、2021年より現職。吉野町の文化財保護や資料館運営などを担当。吉野は様々な時代に著名な話があるので、いろんな時代や文化を少しずつ勉強しております。

〈 一覧に戻る