わが郷土のお祭り「長島神社例祭 船だんじり」

開催中

開催期間 令和2年9月5日(土)~10月11日(日)
休館期間 ※会期中無休
開催場所 三重県立熊野古道センター 企画展示室
入場料 無料

 リアス式海岸が続く東紀州地方の沿岸には、古くより漁場に恵まれ、波が穏やかで水深が深い良港のある浦村が点在し、漁を生業としてきた漁師たちが大漁を願う祭礼や習わしが数多く存在します。中でも、紀北町長島(紀伊長島)は東紀州の玄関口に位置し、県内でも有数の漁獲高を誇る漁業のまちで、古くより、カツオ漁を中心とした海産商をはじめ、海上輸送船の風待ち港としても栄えてきました。「船だんじり」とは、同町の中心地「魚まち」と称される地区にある氏社、長島神社の例祭で、江戸時代中期より地域の漁師たちの大漁祈願祭として受け継がれてきた伝統行事です。本展示では、例祭「船だんじり」に焦点をあて、写真パネルや動画映像に加え、例祭の中で登場する山車や道具などの展示のほか、祭りの見どころなどについても紹介しています。当展示を通して、漁師町ならではのお祭りの熱気と町の活気を感じて戴き、例祭当日にも足を運んでいただくきっかけとして戴ければ幸いです。

〈 一覧に戻る