世界遺産登録20周年記念特別展示室企画展「収蔵品に見る熊野古道伊勢路」

開催予定

開催期間 令和6年6月15日(土)~9月1日(日) 午前10時~午後5時
休館期間 会期中無休
開催場所 三重県立熊野古道センター 研究収蔵棟 特別展示室
入場料 無料

 当センターが所蔵する道中記や地図など、熊野古道伊勢路に関する資料を紹介する特別展示室企画展を開催します。世界遺産登録20周年記念企画展「熊野古道伊勢路 西国第一の難所 八鬼山越え」と連動し、江戸時代の道中記や地図などを紹介することで、より深く熊野古道伊勢路について知っていただく展示とします。
 当センターでは開館以来、道中記をはじめとした熊野古道伊勢路に関する資料を収集してきました。本展では、なかなか展示する機会のない資料やこの数年で収集したばかりの資料などを展示・解説することで、熊野古道伊勢路を理解していただくと同時に、当センターの資料収集についても知っていただきたいと思います。

≪展示構成(予定)≫
・甚左衛門とりせ
 天保年間(1830~1844)に現在の長野市から西国巡礼・四国遍路をした甚左衛門とりせ夫妻に関する資料(笈摺、納経帳、納札、納札入、道中日記、往来手形)を展示します。
・新収蔵資料
 この数年で収集した道中案内記などの資料5点を展示します。
・道中記
 版本・自筆本の道中記5点を展示します。
・絵図
・近代の資料
 近代の熊野古道伊勢路に関する資料を展示します。
・納経帳
・道中日記

西国順礼道中記
西国順礼道中記

世界遺産登録20周年記念企画展「熊野古道伊勢路 西国第一の難所 八鬼山越え」と付属事業についてはこちら↓

〈 一覧に戻る