企画展 写真と映像が奏でる熊野ネイチャーシリーズVOL.1「銚子川~その清き青に迫る~」

開催予定

開催期間 令和3年2月13日(土)~4月11日(日)午前9時~午後5時
休館期間 会期中無休
開催場所 企画展示室
入場料 入場無料

 日本有数の降水量を誇る大台ヶ原。その南部に位置する標高1,470mの堂倉山を源流として熊野灘に注ぐ全長約17㎞の銚子川。多くの支流・枝谷を集めた流域河川の大部分は三重県南部の紀北町内を流れ、源流部から河口部まで大きく流路を変えながら一気に流れくだります。
 この銚子川は、源流域から河口域まで大きく濁ることなく、透明度を保ったまま流れ、独特な青色を醸し出すことから「銚子川ブルー」と形容され、特に、大雨による出水後も、速やかに澄んだ水になるということで「奇跡の清流」とも称されます。透明度が高い理由として、河川流域の森林率が高いこと、流域の人口が少ないこと、河川勾配が大きいことなどがあげられます。さらに注目されるのは「伏流水」の存在で、川の水が地下と地上を行き来しながら、徐々に濁りが浄化されていることが判っています。
 本展では、銚子川の河口から源流の森までのすばらしい自然景観や水中の美しさなどを写真と映像で紹介するとともに、かつての人々の営みを顧みながら、銚子川の魅力に迫ります。

【展示構成】
1.源流域から河口域までの周辺景観および水中の写真、映像を紹介
2.「奇跡の清流」その謎に迫る~周辺地質や源流部の森など科学的に解説
3.源流域から河口域までの陸上および水中の生物を紹介
4.銚子川の変遷について

源流の森

【関連イベント①】講演会「銚子川を旅する~河口から源流の森まで~」 
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため延期します。(開催時期未定) 
 不慣れな川に潜り、巨岩埋め尽くす谷を遡り、たちはだかる岩壁を攀じ登りました。そして、出合った最初の一滴。銚子川の河口から源流の森までかつての人々の営みを紹介しながら皆様をご案内します。
日 時:令和3年2月14日(日) 午後1時30分~午後3時
入場料:無料
定 員:100名(要申込、先着順)
場 所:交流棟大ホール
講 師:橋本博(事業部主任コーディネーター)
受 付:令和2年12月14日(月)~令和3年2月10(水)※定員になり次第締切

【関連イベント②】中本賢講演会「川は呼吸している」 
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止します。
 平成2(1990)年に始まった名古屋テレビ制作のアウトドア・紀行番組「Let’s ドン・キホーテ」で、隊長として出演した俳優中本賢さんの講演会を開催します。番組では、3回にわたって銚子川を舞台に放映し、河口部の汽水域に出現する海水と淡水の境目の「塩水くさび」を‘ゆらゆら帯’と名付け、広く一般に認知されるようになりました。銚子川の魅力に取りつかれたことにより、個人的に幾度となく訪れ、汽水域のメカニズムや水中生物の観察、生態の研究を行い、まとめた結果を小論文として発表しています。
 本講演会では、銚子川の魅力にとりつかれ、川と真剣に対峙し、そのすばらしさや地域住民とのふれあいを実体験している中本賢さんの、銚子川に対する熱い思いをお話ししていただきます。
日 時:令和3年3月14日(日) 午後1時30分~午後3時
入場料:無料
定 員:100名(要申込、先着順)
場 所:交流棟大ホール
講 師:中本 賢さん(俳優)
受 付:令和3年1月14日(木)~3月10(水)※定員になり次第締切

<中本 賢 プロフィール>
1956年 東京都浅草生まれ
1976年 コメディアングループ「ザ・ハンダース」結成
1980年 俳優業へ転身
映画「男はつらいよ(松竹)」「「釣りバカ日誌(松竹)」「鉄道屋 ぽっぽや(松竹)」等多数出演。個性派俳優として幅広く活躍中。
1985年 多摩川近くへ引っ越したことを機に、息子と始めた川遊びの面白さに魅了され今日に至る。アユの産卵をはじめ、多摩川の自然観察報告はテレビ・新聞といったメディアを通じて多くの人々に驚きをもたらし、流域住民の多摩川に対する意識改革へ発展するまでに及ぶ。現在は、多摩川の再生活動に取り組み、観察会や環境保護活動を行う「多摩川クラブ」を主宰。
1990年から2003年まで名古屋テレビで放送されていたアウトドア番組「Let’s ドン・キホーテ」では3回にわたり銚子川を訪れ、川遊びの面白さや自然の魅力について伝える。
2008年~2016年 神奈川県川崎市の教育委員を二期務める
2016年 文部科学省 地方教育行政者表彰受賞

〈 一覧に戻る