トップページ >> 熊野古道のご紹介トップ >> ツヅラト峠道

ツヅラト峠道
■距離/約9km(JR梅ヶ谷駅〜JR紀伊長島駅)
■歩行時間/3時間30分
■散策レベル★★★
■コースの特徴/かつて「伊勢の国」と「紀伊の国」の国境だった峠です。江戸時代以降、荷坂峠道が正式な紀州の玄関口となってからも、昭和初期まで生活道として使われました。ツヅラトとは九十九折のことで、カーブが連続しますが、石畳や石垣もよく保存されています。

地図を拡大する

都を追われ、熊野詣の旅に出た花山法皇の遥拝所跡近くに、西国三十三所の観音石像が安置されています。


標高357m。伊勢から熊野三山を目指す巡礼者が、初めて熊野の海を目にした場所です。


谷に面して数ヶ所にある石垣は、いにしえから長い風雪に耐え道を護ってきた、いわば道路保護の遺跡といえます。


深い緑のシダ類が茂る中を、ジグザグに縫うように石畳が敷かれています。