トップページ >> 熊野古道のご紹介トップ >> 松本峠道

松本峠道
■距離/約3km(JR大泊駅〜JR熊野市駅)
■歩行時間/1時間45分
■散策レベル
■コースの特徴/ほとんどの道に美しい石畳が残り、竹林に囲まれた峠では、等身大ほどの大きなお地蔵様が出迎えてくれます。松本峠を越えれば、浜街道を経て新宮まで峠越えはありません。かつての巡礼者が、七里御浜の向こうの新宮に鎮座する熊野速玉大社に思いを馳せたであろう場所です。鬼ヶ城跡から鬼ヶ城センターへ遊歩道を下ると、大泊駅へ戻るショートコースになります。

地図を拡大する

時折真っ赤なカニも横切る、苔むした石畳を歩きます。石畳の側面が見事な石垣で固められています。


建ったその日に妖怪と間違えられて鉄砲傷をつけられてしまったという、大きなお地蔵様が出迎えてくれます。


峠から約10分程東へ歩くと、熊野速玉大社がある新宮まで約25kmも続く七里御浜と、山並みが一望できます。


明治元年に木本と古泊の漁師が鮪の水揚げに関する騒動を起こしました。この石畳は、代官所が罰として漁師達に築かせたものです。