トップページ >> 熊野古道のご紹介トップ >> 横垣峠道

横垣峠道
■距離/約5.4km 
    (横垣峠登り口バス停〜高千良バス停)
(現在、水壷地蔵前〜東屋休憩所間が、通行止めとなっております。)
■歩行時間/2時間10分
■散策レベル★★
■コースの特徴/熊野古道伊勢路は、花の窟神社が鎮座する熊野市有馬で、海岸沿いに新宮を目指して南下する浜街道と、本宮を目指す本宮道に分かれます。本宮道の横垣峠道では、この地特有の神木流紋岩が敷き詰められた石畳が整然と続きます。

地図を拡大する

水壷地蔵とも呼ばれる地蔵の横に、弘法大師がここを通った際、杖で穴を開けて水を出したという伝説の湧き水があります。


東側の一部が開けており、熊野灘の海が見えます。


地殻変動の際にマグマが波紋状に固まったという、この地方特有の神木流紋岩の石畳。季節ごとに野花が石畳を彩ります。


棚田の中に亀島と呼ばれる周囲25m、高さ5mの大岩があります。頂上には石灯籠が建てられています。