開館15周年記念企画展「未来へ~子どもたちと伝える熊野古道」

開催予定

開催期間 企画展示室:令和3年12月18日(土)~令和4年1月30日(日)、特別展示室:令和3年12月4日(土)~令和4年1月16日(日)
休館期間 12月31日、1月1日
開催場所 企画展示室・特別展示室
入場料 入場無料

 2004年7月7日、三重県を通る熊野古道伊勢路が「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産に登録され、17年が経ちました。
 伊勢から熊野三山を目指し、多くの人が歩いたこの道は熊野古道伊勢路である以前から、地域の人々の生活の道でもありました。年間降水量約3000ミリと雨の多い東紀州地域では、地域と地域を結ぶ大切な道が激しい雨で崩れないよう住民が石を敷き詰めて頑丈な石畳道をつくりました。この石畳道が奈良県や和歌山県の道の性質と異なる伊勢路の特徴です。また、紀州徳川家による大規模な道の整備が行われて数百年、現在も往時のまま良好な状態で維持されています。古くから多くの人々や文化が行き交い、その上でこの地域の文化が育まれてきました。これは世界遺産登録の基準にもなった文化的景観の一つで、これからも守り続けていかなければならない地域の宝です。
 そして、2009年2月10日、世界遺産としての熊野古道伊勢路を守り伝えていっていただく多くの地域の人たちの活動拠点として利用していただくとともに、熊野古道を訪れる人々に情報発信していく拠点として、伊勢路の中心となるここ尾鷲市に、熊野古道センターは誕生しました。
 開館15周年を迎える今年度、当センターでは、世界遺産を人類共通の宝として将来にわたって守り、次の世代へ引き継いでいくため、これからの遺産保護の担い手となる子どもたちに、熊野古道伊勢路の価値を理解していただく取り組みとして、学習会やワークショップなどを開催します。そして、多くの人にその価値を伝えるため、これらの取り組みの成果発表として子どもたちが考え協力しあって制作した作品を展示紹介します。
 子どもたちの自由で表現豊かな作品を通して、熊野古道伊勢路の魅力を感じていただくとともに、当センターの活用について考えていただくきっかけづくりとなることを期待いたします。

≪展示内容(予定)≫
伊勢路巨大すごろく…子どもたちが伊勢路を実際に歩き制作したオリジナル巨大すごろく(約15m)
ヒノキの灯籠…地域の特産『尾鷲ヒノキ』で制作した灯籠に伊勢路書道作品を展示(80×80×100㎝)
伊勢路の文化的景観…伊勢路の魅力を絵や立体作品で表現
紙芝居「矢浜に伝わるオオカミのおはなし」
メッセージの木…熊野古道学習を実施した学校を対象に生徒が制作した木を展示
公募作品展示…熊野古道に関する絵画・書道・写真作品を募集し展示
熊野古道センターのイメージキャラクター募集…入賞作品をパネル展示


交流イベント『スカイランタン~古道への祈りと共に』

 子どもたちの祈りをのせた灯りが夜空に浮かびます。スカイランタンは火の代わりにヘリウムガスとLEDライトを使用した安心な方法で浮かび上がらせます。幻想的な夜をお過ごしいただきます。
■当日スケジュール
 15:30~ 受付
 16:00~ 制作
 18:00~ 打ち上げ
 19:00  スカイランタン回収・終了
開催日:令和3年12月18日(土)雨天中止
時 間:午後4時~午後7時
参加料:1,000円(材料費込み)
定 員:100名
対 象:公募作品に出展していただいた三重県内の小学生とその保護者
※上記対象者が定員に満たない場合は一般受付を行います。
受 付:令和3年11月20日(土)午前9時よりお電話にて受付(先着順)
場 所:熊野古道センター正面芝生広場
その他:紙芝居バンド「ETOOTOTO」による紙芝居の実演及び演奏をお楽しみいただきます。
    ※紙芝居は矢浜小学校4年生が制作した「矢浜に伝わるオオカミのお話し」


熊野古道センターのイメージキャラクターの募集について

 県内の小学生を対象に、熊野古道センターのイメージキャラクターのデザインを募集します。ご応募いただいた作品を熊野古道センターのInstagramに掲載し、「いいね」の数がもっとも多い上位3作品をパネルにして企画展示室に展示します。
1.イメージ「豊かな自然の中で育ち、明るく誰からも愛され、熊野古道やイベントが大好き」
2.応募・審査対象期間
 令和3年9月1日(水)~11月30日(火)
 掲載日はご応募いただいてから2週間以内となりますが、都合により多少遅れる場合があります。
3.作品
 手描き・デジタル作成可、応募点数は不問
 ※キャラクターの名前を添付してください
 ※応募者本人による作品に限ります。
4.応募方法・応募先
 提出物を公式InstagramのDMにて送信、または下記提出先までメールにて送付
 応募先:「熊野古道センターイメージキャラクター係」
 メールアドレス:info@kumanokodocenter.com
5.賞 
 1位 図書カード(1万円分)
 2位 図書カード(5000円分)
 3位 図書カード(3000円分)
6.著作権の扱い
 応募作品の著作権は熊野古道センターに帰属
7.結果発表
 令和3年12月中旬
8.展示期間
 令和3年12月18日(土)~令和4年1月30日(日)※12/31、1/1は休館


特別企画展「東紀州今昔物語~名所図会と行く紀伊之国~」

 江戸時代に書かれた地誌である『紀伊国名所図会』と『西国三十三所名所図会』、その原本と写本、現況写真を展示します。東紀州地域にある名所の昔と今の様子を見比べていただき、東紀州地域の魅力を再発見する機会としてください。

会 期 令和3年12月1日(水)~令和4年1月31日(月)
時 間 午前9時~午後5時
    (熊野古道センターの開館時間に準じます)
場 所 三重県立熊野古道センター 展示棟ロビー(尾鷲市向井12-4)
    入場無料
主 催 三重県紀北地域活性化局
共 催 三重県立熊野古道センター
内 容 『紀伊国名所図会』および『西国三十三所名所図会』の原本と写本、現況写真の展示

〈 一覧に戻る